• 日帰りスキーを楽しむコツ

    日帰りスキーとは現地で宿泊せずにスキー、スノーボードを楽しむことです。
    個人で行き来するか、旅行会社などが開催する日帰りスキーパックを利用するかになりますが、どちらがいいのでしょうか?個人で行かれる場合、自由に計画できるのが一番の魅力です。


    気を付けるべきなのが交通手段です。
    バスや新幹線であれば自分で運転することはありませんが、向かう先が降雪地ですので公共の乗り物でも大きな遅延が珍しくありません。



    自家用車の移動では時間の制限こそありませんが、雪道に不慣れな方は特に注意が必要です。
    道路にはチェーン規制がかかる区間もありますし、またチェーンのかけ方も慣れていないと手間取る上に走行中に外れる可能性もあります。
    一日滑って疲れが溜まっていることもありますので、帰りの運転はこまめに休憩することをおすすめします。どちらにしても事前に情報を集め、時間にゆとりをもつことで自由な日帰りスキーを安全に楽しめます。



    マイギアが揃っていてお気に入りのスキー場に何度も行かれる方は、シーズンパスを購入し個人で行かれた方がパックよりも割安かもしれません。
    旅行会社でのスキーツアーでは、移動やリフト券などを旅行会社が手配してくれます。
    日帰りスキーツアーでは、夜出発し早朝スキー場に到着する夜発プランと、朝出発し昼前から夕方までスキー場で過ごす朝発プランの2つが主流です。



    自分で運転しなくていいので移動中に休めるのが利点ですが、乗合になりますので、車内が騒がしくても休めるよう、アイマスクや耳栓などで眠れる環境づくりを工夫する方もいます。
    車内で仲良くなり、スキー仲間が増えることがあるのも乗合ならではの楽しみ方です。
    楽しみ方はひとそれぞれ、事故や怪我のないよう、旅行をお楽しみください。